Hamana Engineering
 採用情報
English

若手から見た、浜名エンジニアリングの素顔。
▼足立はこの刑部を担当しています
Profile 木下 好太郎
静岡理工科大学理工学部機械工学部卒
いわゆる草食系タイプ。後輩たちから慕われ頼られる優しい先輩。
Profile 吉川 大揮
愛知工業大学工学部機械学科知能機械工学専攻
趣味はボウリング。大学でもボウリング部に所属し、最高スコア297の記録をもつ。
Profile 佐久間 達
豊橋技術大学機械システム工学科卒
高校時代からバンド活動を続け、現在も不定期でライブを続ける。担当はヴォーカル。
photo

■ この会社の好きなところ

■ 入社後の変化
Get the Flash Player to see this player.
Get the Flash Player to see this player.

システム課(組み立て)の仕事内容
木下 好太郎
浜名エンジニアリングは少数精鋭でやっています。少人数ですから相性が良ければやりやすと思いますし、逆にあわない場合はまわりにあわせる努力だって必要でしょう。ただ、自分よりずっと年上の人とすぐ隣で仕事ができますので、色々な技術や知識を吸収できるのは魅力だと思います。いずれにしてもアットホームな会社ですから、新人さんが学んでいくにはオススメの環境ではないでしょうか。


親父の背中

吉川 大揮
もともと設計志望で入ってきました。大学時代からそうですが、世の中にないものをカタチにすることが楽しくて、浜名エンジニアリングでもそういう仕事ができればと考えています。浜名エンジニアリングには、以前、特許レベルの技術開発も行われていたそうなので、実現の可能性はおおいにあると思います。いまはまだ将来の夢ですが、いつかはそういう仕事に挑戦していきたいと思います。


「使えないから帰れ」

佐久間 達
何事もタイミングだと思うんです。じつは明日からアメリカのテネシー州へ出張に行きますが、それも何かひとつ欠けていたら実現していなかったと思います。僕はずっとバンド活動を続けていますが、チャンスがきたら音楽方面でも色んな挑戦をしたいと考えています。設計の仕事も同じです。もしかしたら、将来、浜名エンジニアリングの出張所が海外にできるかもしれない。大切なのはそういう好機を呼び込める過ごし方と、その時がきたら逃さない心構えじゃないかと考えています。


浜名のこぼれ話 〜日本を飛び出すエンジニア〜
浜名エンジニアリングのお客さんは殆が自動車関連になる。設備投資が国内から海外へ加速していく中、当然、浜名エンジニアリングの現場も海外が増えている。頻度は業務によりまちまちだが、一度行くと二週間、長いときは一ヶ月程度、現地に滞在する。上に登場した3人もすでに海外での仕事を経験済み。海外のエンジニアや異文化との交流など、世界のモノづくりを経験したい人にはお勧めの会社ではないだろうか。


採用トップに戻る
↑ページ上部に戻る